ファミリーでUSJを1日で満喫するコツとその具体的な方法

テーマパーク

家族でUSJを満喫するコツとは?

ファミリー旅行で人気のUSJ。お子様連れの場合であれば、より効率的で家族みんなが疲れないような回り方を事前に考えておく必要があります。

本サイトは商品プロモーションが含まれる場合があります。

この記事では、子連れファミリーのUSJ旅行にフォーカスしてそのオススメの周り方をご紹介します。とかく混雑するパーク内は、効率よく立ち回れないと疲労感だけが思い出に残ってしまいがちです。

そうならない為にもUSJのパーク内を上手に時間配分しながら周り、1日を満喫するコツと裏ワザを惜しみなくご紹介していきます。
最後までお読みになり、あなたのUSJ旅行にお役立てください。

おすすめ情報!

大手旅行サイトのUSJチケット付きプラン確実にパーク入園が出来て交通・宿泊とセットのプランも用意されており、更にこれらを別々に手配するより簡単、お得で良いことづくめ!
詳しくは
⇒ ユニバーサルスタジオジャパンチケット付きホテルの予約方法予約の際の注意ポイントからチェックしてみてください。

目次

USJを快適に満喫したいならこれは必須で!

USJ公式アプリはインストール必須

ファミリーでUSJを快適に満喫する為の必須条件は、USJ公式アプリを当日パークに行く大人全員が必ずスマホにインストールしておくことです。

理由としては、このアプリから人気エリアのスーパー・ニンテンドー・ワールド入場整理券が取得できたり、各アトラクションの待ち時間、気になるショーのスケジュールや広大なパーク内の詳細なマップも閲覧できるからです。

ですから、USJにいる間は高頻度で活躍する事は言うまでもありません。

当日パークに入場してからまごつかない様に予めお手持ちのスマホにインストールして、その使い方を頭に入れておくことを強くお勧めします。

もちろんUSJ公式アプリの利用料金は無料ですのでご安心ください。

パークチケットは事前購入で当日はスムーズに入園

パークチケットに関しては当日購入の場合、列に並ぶ時間等の時間的ロスがかなり大きいので、予め購入しておくことを強くお勧めします。

混雑が予想される時期は開園1時間前に到着がマスト!

USJに朝何時ぐらいに到着すればベストなのか?悩んでいる方も多いと思います。

2024年6月23日現在、USJの開園時間は平日は8:00〜8:30、土日は8:00です。しかし、実際の開園時間はさらに前倒しされることが多いです。

特に休日などは開園予定時間よりも早く開園することが多いので、1時間前には到着しておくのが良いでしょう。

ただし、USJはその時期で開園時間が異なりますので、事前に開園時間を確認しておくのを忘れないようにしましょう!

おすすめ情報!

大手旅行サイトのUSJチケット付きプラン確実にパーク入園が出来て交通・宿泊とセットのプランも用意されており、更にこれらを別々に手配するより簡単、お得で良いことづくめ!
詳しくは
⇒ ユニバーサルスタジオジャパンチケット付きホテルの予約方法予約の際の注意ポイントからチェックしてみてください。

人気のスーパーニンテンドーエリアを攻略する方法

大人気のニンテンドーエリアについてですが、当エリアに入る整理券も既に毎回争奪戦となっております。事前に入場確約券つきのエクスプレスパスを持っていない場合は、当日パークに入園してから入場整理券を取る事になります。

スーパー・ニンテンドー・エリアに行きたいなら朝一が必須

有料で取得出来る「エリア入場確約券」であればあまり心配は無いのですが、無料の「エリア入場整理券」で入場したいという場合、パークの開園後ただちにUSJ公式アプリでエリア入場整理券を取得します。

入場できる人数は確約券と整理券を取得した人数という括りで限られますが、エリアに滞在できる時間は制限されておりません。このことから、入場する時間が遅くなるにつれてエリア内に居る人数が多くなる傾向にあります。

最悪、エリア入場整理券の配布が終了してしまい、それ以降の希望者は抽選となってしまう可能性があります。無論、抽選に外れるとエリアに入場出来なくなります。

スーパー・ニンテンドー・エリア入場整理券はUSJの公式スマホアプリで取得可能です。あらかじめ購入済のパークチケットに記載されているQRコードを登録しておくことで、当日パークの入口を通過した瞬間自動的にアプリで整理券を取得することができます。これはとても便利な機能なのでお勧めです。

最近の傾向ですと、平日であっても午前11時には整理券の配布が終了。抽選券の配布に切り替わっています。先ほども申し上げた通り、抽選券の場合は抽選に当たらなければスーパー・ニンテンドー・エリアに入ることはできません。

また、運よく抽選券で当選してもエリアへの入場可能な時間が夜の時間帯になってしまうので、アトラクションやパレードの時間の兼ね合いを調整するのに手間取る事は容易に予測できます。このことから早めの時間帯に入園する方がベターだということが出来ます。

キノピオカフェで食事を楽しみたい場合、エリアに入場後直ぐ整理券を!

スーパー・ニンテンドーエリア内にある「キノピオカフェ」。

もちろん、USJのなかでも特に人気のあるレストランです。スーパー・ニンテンドー・エリアに入ったら、ここでランチしたいと思う方のが人情というものです。

しかし、言うまでもなくこちらのレストラン、とても混雑しています。
残念ながら予約はできないのですが、混雑時には整理券を配布しているので、エリア入場後は即キノピオカフェに行って整理券の有無をチェック、もしある場合は迷わず貰いましょう。

パーク内での食事・休憩時間を快適に過ごす方法

ランチ休憩はお早めに!

当然の事なのですが、お昼時となる12時前後はパーク内のどこのレストランも混雑致します。

当ページの情報を元にUSJのプランを組み立てている場合、朝早くからパークに入園してある程度時間が経過する11時台をランチタイムにしたとしても既にお腹は空いているはず。
ですから、出来る限り前倒しでお昼ご飯は食べる様にしましょう。

多くの人がお昼にする12時前後はアトラクションが若干空く傾向にあるので、この原理を逆手にとって、アトラクションを楽しむ様にしましょう。

また、早めの昼食タイムにオススメのレストランはユニバーサル・ワンダーランドにあるスヌーピー・バックロット・カフェです。

USJは全般的にフードの値段は高めの設定ですが、このレストランは比較的安く、お子さんも好むメニューがいっぱいあります。そして、意外と空いているという事も付け加えておきます。

小腹が減ったらワゴンフードを楽しむ

ランチを早めに摂った場合、必然的に夕方の時間帯にお腹が減ってきてしまいます。

そういう時の対策としてはワゴンフードがオススメです。レストランに比べてリーズナブル且つおいしいメニューがとっても多いです。

当ページお勧めはサクッともっちり食感が癖になる手軽に食べられるカレースティック。価格は650円とパーク内のフードとしては比較的安く、お子様にも食べやすいカレーパンのようなフードです。販売場所はドラゴンズパール向かいのフードカートとなっております。

優先案内サービスが可能なレストランを利用するという方法も

USJパーク内のレストランで一部となりますが、入店予定時刻をあらかじめ指定しておき、その時間に行くと優先的に席を案内してもらえるという「優先案内サービス」というものがあります。

このサービスは座席の予約とは異なりますので、混雑時・満席時に行くと席が空くまで待ち時間が発生してしまいますが、どうしても12時前後にお昼を食べたいという場合に待ち時間を最小限に抑える手段として活用できるサービスです。

優先案内サービス可能なレストランは下記の通りとなっております。

  • パークサイド・グリル
  • アズーラ・ディ・カプリ
  • フィネガンズ・バー&グリル
  • SAIDO

パーク来園前日までは公式WEBサイトにてこのサービスの申込に対応していますが、人気のサービスという事もあり、すぐ予約いっぱいになってしまうこともしばしばあります。
こういった場合の裏ワザとして、当日に本サービス対応レストランへ直接行ってクルーに希望時間を伝えればなんとこれでO.K!

ちなみにオススメはフィネガンズ・バー&グリル。
アルコール類のメニューが充実していて、比較的安価なうえフードメニューのボリューム感も満足できるもので大人も子供も納得いくレストランと言えます。

休憩場所はユニバーサルワンダーランドで

大人と比べ体力がない子供は、どうしてもパーク内を歩き回っていると疲れてしまう傾向にあります。
眠ってしまったお子様を抱っこして移動するとなった場合、大人の体力的負担はかなり増加するのは言うまでもありません。
そんなときにおすすめしたいのが、ユニバーサル・ワンダーランドです。

このエリアは「エルモのイマジネーション・プレイランド」や「スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャー」といった室内の施設が充実していて室温も快適です。
さらに、エルモのイマジネーション・プレイランドには自動販売機もあり、子供がジュースを飲みながら椅子に腰かけて休憩することもできます。

逆に大人が座って休憩している間、子どもが室内の遊び場で遊んでいる所を見守るということも可能なので、休憩かねて利用することで体力を回復させることが出来ます。

アトラクションを快適に楽しむ技

アトラクションをなるべくたくさん楽しむためにはコツが必要です。ここではアトラクションを快適に楽しむ為のノウハウをお伝えいたします。

アトラクションが比較的空く5つの穴場時間帯

人気アトラクションには、待ち時間が比較的落ち着く5つの穴場タイムがあります。詳しくは下記の通りです。

・開園直後から1時間以内の時間帯
・ランチタイム(12時~13時)
・閉園1時間前から閉園時間まで
・大型の人気パレード開演前30分から開演中にかけて
・大型の人気ショー開演前30分から開演中にかけて

開園直後や閉園直前はパーク内の人数がピークに達しない事から、総体的な人数が少ないという理由から待ち時間が比較的少ない傾向にあります。これはあまり深く考えなくても理由はご理解いただけるかと存じます。

この他に、ランチタイムや人気の大型パレード、大型ショーの開演時間帯は、ゲストがそれぞれの場所に集中しやすくなる結果、アトラクションへの流入人数が減り待ち時間は少なくなります。

人気アトラクションに乗る際この穴場の時間帯を意識してみてください。

エクスプレスパスの活用が一番効果的

有料となりますが、人気アトラクションの待ち時間が大幅に短縮できることをはじめ、人気のスーパー・ニンテンドー・エリアの入場確約券が含まれているものありますので、USJの旅の満足感をより高めることが可能となります。

エクスプレスパスや優先入場等の詳細については、 ⇒ ユニバーサルスタジオジャパンチケット付きホテルの予約方法予約の際の注意ポイントに詳しく書いてあります。こちらも併せてチェックしてみてください。

ユニバーサルワンダーランドはよやくのり活用

ユニバーサルワンダーランド内のアトラクションは「よやくのり」というサービスを利用することで、乗車時間を予約することができます。
よやくのりとは、エリア内の指定アトラクションの利用時間を予約できるシステムのこと。予約時間までは自由に行動できるため、食事をしたり、休憩したりすることができます。更に無料で利用可能。
利用は公式アプリもしくは専用発券機で予約券を発券するだけと簡単。
ただ、予約券を発券した場合、その予約開始時間を過ぎるまで次の予約はできないため、うまく考えながら活用しましょう。

よやくのりが可能なアトラクションは下記の通りです。

  • モッピーのバルーン・トリップ
  • エルモのゴーゴー・スケートボード
  • エルモのバブル・バブル
  • フライング・スヌーピー

「シングルライダー」を利用する

乗りたいアトラクションがあるけど、時間や家族の身長制限の関係で乗れない場合は「シングルライダー」をお勧めします。

シングルライダーとは、アトラクションの空き席に搭乗させてもらうことができる時短サービスです。但し対象アトラクションは限られているので注意が必要。

対象アトラクションは下記の通りです。

エルモのゴーゴースケートボード
・ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
・スペース・ファンタジー・ザ・ライド
・アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D
・ザ・フライング・ダイナソー
・ジュラシック・パーク・ザ・ライド
・ジョーズ
・マリオカート~クッパの挑戦状~(※ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド ~バックドロップ~ は利用不可)

子連れUSJで持って行くと便利なアイテムはコレ!

子連れのUSJを満喫するには、必要なアイテムをしっかりと持参する事。
これがあると無いとでは快適性が格段に違います。

当サイトが推奨するアイテム群は下記の通りです。

替えオムツ・おしりふき

当たり前の話ですが、オムツを使用している子どもの場合は、必需品です。おしりふきは食べこぼしや手のベタつきを拭い去るなど使えるシーンは多岐にわたる為、マストアイテムです。

飲み物(水筒・ペットボトル)

USJでは入場時にセキュリティーチェック(持ち物検査)があります。

この際、1人1本は500ml以下の水筒又はペットボトルの飲み物が持ち込み可能です。ですので必ず飲み物は持っていきましょう。

また、USJは基本的に屋外型のテーマパークであるため、特に夏場は熱中症が懸念されます。

パーク内で販売されているペットボトルは、500mlで250円程度と高めの価格設定なので、1人あたり1本は飲み物を持ち込むことをオススメします。

子供の着替え一式

とかくお子様は、服を汚してほしくないシチュエーションに限って汚すもの。
パーク内のおみやげ売り場でもTシャツ等の服は売っていますが、下着は売っていない事はもちろん、やはり割高なので、必要な着替えは持参する事をおすすめします。

雨具関連

ほぼ屋外を歩き回るテーマパークであるUSJ、急な天候変化にも対応できる装備は持っているに越したことはありません。

混雑しているパーク内においてお子様には傘より雨合羽が良いと思われます。

日傘兼用として使用できるものが1本あると、急な雨や強い日差しにも使えるのでより便利です。

タオル

雨天の場合や水のかかるアトラクションに乗った場合、また、汗をかいた時などタオル1枚あるだけで多くのシーンで役立つことは間違いありません。

家族人数分用意するのがベストですが、一家に1枚だけでもあると安心なので持って行く事を強くお勧めします。

気温に応じて調節できる衣類

季節にもよりますが、それでも1日中パークの屋外にいる場合、気温の変化は大きく感じられるものです。ですから、適切に体温調節できる衣類があると体調管理の観点からしても安心です。

パークに訪れてみると感じるのですが、室内であっても意外に冷房が効いている場合があり、人によってはこれを寒く感じる場合もある為、脱ぎ着できる服装であると便利です。

帽子

USJは屋外型のテーマパークであるがゆえにアトラクションに乗り込むまでの間、待ち時間が長いのはもちろんの事、日除けとなる屋根も極端に少ないため日差しを直接浴びる場面が多いです。

また、特に子どもは大人よりも背が低く地面までの距離が近くなることから、大人よりも暑さを強く感じます。こういった事から、季節を問わず帽子は持参でお願い致します。

日焼け止め

帽子と同様に日差しの対策としては日焼け止めもマストアイテムです。
大人に比べ皮膚が弱い子供は真夏の太陽を浴び続けると皮膚が炎症を起こしたりする場合もあります。また、朝に1度塗ったとしても、汗や水に濡れてしまうとその効果が薄れてしまう為、日焼け止めを持参してその都度塗りなおしていくのがベストと言えます。

モバイルバッテリー

パーク滞在中、スマホは高頻度で利用する事が多いことが予測されます。例えば、USJ公式アプリを使ってスーパー・ニンテンドー・エリアのエリア入場整理券を取得したり、ユニバーサル・ワンダーランドの乗り物のよやくのりを予約したり・・・。

その他、パーク内のマップやアトラクションの待ち時間等も逐一アプリで確認するなど、パーク内では高頻度でアプリを使用することになります。

その上、撮影スポットは多々ありますのでここでもスマホを使う事は確実ですし、アトラクションの待ち時間にスマホを使用することも。

こう考えると、スマホの画面は普段より付きっ放しの時間が長く、バッテリーはすぐなくなってしまいます。必ずモバイルバッテリーを持参しましょう。

最悪、持参したモバイルバッテリーも使い切ってしまったという場合、USJにはモバイルバッテリーのレンタルサービスもあります。※有料です。

このサービスの設置場所は7ヶ所あります。詳細は下記の通り

①エントランスを入って右手のロッカー内
②スーパーニンテンドーワールド「キノピオカフェ」横のトイレ入口
③スパイダーマン付近のトイレ入口
④セントラル・パーク入り口横の男子トイレ
⑤アミティ・ビレッジ内のトイレ入口
⑥ユニバーサル・ワンダーランド内のトイレ入口
⑦パーク外:エントランス前駐車場側のトイレ入り口

手指消毒グッズ類

パークのレストラン等には手指消毒が出来る様になっていますが、やはりフードワゴン等で食べ物を購入して食べることを考えると、手指消毒グッズを持参していった方が安心です。

あと、子どもはたべこぼしをしたり手を汚す可能性もあるため、アルコールフリーのウェットティッシュも併せて持っておくと便利です。

子どものアトラクション待ち時間対策

子どもの年齢や性格にもよるのですが、USJはアトラクションの待ち時間が全般的に長いため、飽きてしまう可能性があります。

普段、お子さんが使っているおもちゃやゲーム等があったほうが安心といえます。

レジャーシート

2023年3月から、「NO LIMIT!パレード」を再開。
このパレードを見る際、レジャーシートがあるとより快適に観覧が可能です。

パレードを観覧する時以外でも、パーク内の余白スペースでレジャーシートを敷いて休憩することもできますし、そこでワゴンフードを食べるという事も出来ます。

かさ張らないアイテムなので、持参して間違いなしのグッズです。

子ども用のフォークやスプーン・エプロン

レストランによっては用意されている子ども向けのフォークやスプーンが使いにくいものもあるかもしれません。せっかくの休息のひと時も台無しになる事も・・・

こんな時、いつも使っているものがあるととても便利。

また、エプロンがあると服を着替えたりする手間も省けます。

エコバッグ

お土産を買ったら、USJショップバッグが欲しいという気持ちになるのは理解できますが、ショップバッグも有料です。こんな時、エコバッグを持っていると節約できます。

子連れでUSJを快適に楽しむには必要な持ち物を確実に持参

子連れファミリーのUSJ旅行はとても楽しいのですが、その分大変な面もあります。

パーク内を快適に過ごせるアイテムに絞って厳選してお伝えしたのですが、必要以上に持ち物が多いと1日中パーク内を回るのは非常に大変になってきます。

ご家族それぞれの事情に合った必要最低限の荷物を心がけて準備する事をお勧めします。

まとめ:子連れUSJを快適に満喫するコツは下準備と入念な計画

USJに限らず、子連れの旅行は大変ですが、子どもの喜ぶ姿や笑顔で見られるとその苦労も吹き飛びます。

USJ快適に満喫する為には事前にできる準備を確実に行い、前もってアトラクション等を回るプランを入念に計画することでよりその実現が楽になります。

ぜひ、今回ご紹介した各種テクニックを参考にして頂き、あなたにとって楽しいUSJでの思い出を作ってください。