韓国旅行を超お得に満喫する方法

【2023年最新】韓国旅行の費用はいくら?おすすめのプラン・ツアーは?

韓国旅行に行きたい!韓国旅行にいって韓国を満喫したい!でも、韓国旅行に行くにはいくらぐらいお金が必要なの?と心配になる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな心配を解決するために、航空券やホテル、交通費や食費など韓国旅行にかかる費用をどこよりもわかりやすく徹底解説したいと思います!

日程が決まったらすぐにチェック!
お得な旅行を予約出来るサイト

【2023年】まず韓国旅行前に準備するもの

以前は韓国旅行に行く前に準備しなければならないものがいくつかありました。

以前は韓国への入国許可(ビザの取得、もしくはK-ETAの許可*)や新型コロナワクチンの接種証明書が必要でしたが、2023年4月1日より日本人はK-ETAの申請をしなくても韓国旅行に行けるようになりました。

K-ETAの申請も可能ですが、2024年12月31日までパスポートのみで韓国に入国できますので、K-ETAが必要となる2025年まで慌てて申請する必要はありません。

また、ワクチンの接種証明書も日本への帰国時に必要でしたが、2023年4月29日に水際対策が撤廃されこちらも不要に。

K-ETAは不要ですが、入国前にQ-CODEを申請しておくとスムーズです。

Q-CODEについてはこちらでも紹介していますので、詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。

韓国旅行の前にこれらの書類が必要なことを事前に把握して、韓国旅行にかかる費用を見ていきましょう。

韓国旅行 2泊3日・3泊4日の費用の目安表

韓国旅行に行くために必要な費用をわかりやすく紹介するために一覧の目安表で紹介します。

韓国旅行の目安表

項目1泊2日2泊3日3泊4日
航空券30,000円〜30,000円〜30,000円〜
宿泊費7,000円〜15,000円〜20,000円〜
交通費〜3,000円3,000円〜3,000円〜
インターネット(eSIMなど)1,500円〜2,000円〜2,000円〜
食費5,000円〜10,000円〜15,000円〜
観光・アクティビティの費用5,000円〜7,000円〜10,000円〜
お土産代5,000円〜5,000円〜5,000円〜
海外旅行保険1,000円〜1,000円〜1,000円〜
陰性証明書(必要な方のみ)6,500円〜6,500円〜6,500円〜
合計58,500円〜74,000円〜87,000円〜

※韓国旅行の費用はおおよその料金で算出しております。

※陰性証明書の費用は含まれておりません。

それでは各項目ごとの韓国旅行の費用をわかりやすく解説します。

韓国旅行のビザの費用とは?

K-ETA(ビザ免除)約1,000円

韓国旅行前に準備するものでもご紹介した韓国への入国許可のためにかかる費用があります。

ビザを申請する方は無料で申請可能ですが、書類を作るために証明写真代や大使館・領事館までに行く交通費などで時間や費用がかかるので、オススメはインターネットで申請が可能なK-ETAです。

ただ、K-ETAの申請は無料ではなく費用がかかります。

申請費用は約1,000円です。現金での支払いはできず、クレジットカード・デビットカードなどでの支払いが可能です。

そして1度申請が許可されれば、2年間有効で好きな時に韓国旅行に行くことができます。2年を過ぎたり、有効期間内にパスポートを更新した場合はK-ETAを再度申請する必要があります。

また冒頭で記載しましたが、2024年12月31日までパスポートのみで韓国に入国できますので、K-ETAが必要となる2025年まで慌てて申請する必要はありません。

韓国旅行の航空券費用の目安は?

航空券費用(往復)約30,000円〜

韓国旅行の航空券は2023年2月時点でLCC(格安航空会社)を利用して往復約3万円以上かかります。

コロナ前は往復1〜2万円でも韓国旅行に行けることがあったのですが、コロナ後日韓の往来がまた大人気となり、日本では韓国人観光客の入国者数がほかの国を抜いてが1位。韓国でも日本人観光客が1位。

そのためか日韓を往復する航空券の料金がなかなか下がらない状況となっているため、当分は航空券の往復は約3万円以上の費用がかかります。

各航空会社がキャンペーンなどで安い航空券を販売している時があるので、お得な航空券を見つけ次第GETしましょう。

韓国旅行の宿泊費用の目安は?

ホテル費用(1泊)約7,000円〜

韓国旅行で泊まるホテルの費用は1泊約7,000円かかります。

ゲストハウスやリーズナブルなホテルも沢山あるので1泊2,000円で泊まることできますが、日本語対応のあるホテルや、個室で快適に泊まりたい場合は7,000円以上のホテルに宿泊することがオススメです。

韓国のホテルの料金は1人あたりではなく1部屋あたりの料金が基本なため、ツインやダブルルームなどの場合は2人で7,000円(1人3500円)で宿泊できます。

韓国旅行の交通費の目安は?

交通費3000円〜

韓国旅行での移動は地下鉄やタクシーがとても便利です。

仁川国際空港からソウル駅までの移動は一番早く行くことができるA’REXの直通列車で往復約1,500円(一般列車は往復約1,000円)。

Klookで予約をすれば、急に予定が変わっても大丈夫![ キャンセル補償 ]

Klookの「ノーショー返金」オプションを付ければ、アクティビティの無料キャンセル期間を過ぎていても大丈夫。未使用のバウチャーに限り、支払い金額の60%をご返金。

キャンセル理由はなんでもOK!利用日が過ぎてからでも返金リクエストを送信できます。

チェックアウト画面で「ノーショー返金」にチェックを入れるだけで補償が適用されます。

ソウルの地下鉄は交通カードを利用すれば1,250ウォン(約125円)で10km先の駅まで行くことが可能。タクシーの料金は4,800ウォン(約480円 / 1.6kmまで)で、131m毎 もしくは30秒毎に100ウォン(10円)の加算料金が発生します。

韓国の交通費は年々値上がりしてますが、それでも日本と比べてとても安いです。

そのため交通のための費用は日本で旅行するほどは必要ないので、地下鉄の移動もとても便利ですが、気軽にタクシーを利用してホテルや観光地に行くこともオススメです。

韓国旅行のインターネット費用の目安は?

ポケットWi-FI(1日)約300円〜
SIMカード(3日)約1,000円〜
eSIM(6日)約2,000円〜

韓国旅行で撮った写真をすぐにSNSにアップしたり、友達と共有したり、道に迷ったり、韓国語がわからない時にスマホでインターネットが使えた方が絶対に韓国旅行が楽しくなりますので、インターネットを使えるようにしましょう。

韓国旅行時にスマホでインターネットを利用したい場合は、ポケットWi-FiやSIMカード、eSIMを利用する方法があります。

ポケットWi-Fiは1台あるだけで複数人で利用できるので、友達や家族と旅行中みんなでインターネットを利用できるようになります。

SIMカードやeSIMは、お持ちのスマホ1台ずつに設定しインターネットを利用できるようにします。SIMカードの方が少し安いですが、eSIMの方が設定などが簡単です。

そして交通費とインターネット費用がお得になるKlook限定の仁川国際空港鉄道A’REX 往復乗車チケット・SIMカードまたはeSIM5日間がオススメ!

通常、仁川空港からソウル駅まで往復1,800円+eSIMで2,000円以上かかるところが、このセットだと約3,100円で購入可能。これで交通費とインターネット費用を節約できます。

韓国旅行の食費の目安は?

サムギョプサル約1,000円〜
参鶏湯約1,500円〜
チヂミ約1,000円〜
キムチチゲ約1,000円〜
キンパ約300円〜

韓国旅行といったらやっぱり韓国グルメ。本場の韓国料理の味を味わうにはおおよそ1食約1,000円程度かければ堪能できます。

安くて美味しいお店も沢山あるし、屋台などの食べ歩きもオススメ!

ただ1人旅の方が大変な思いをするのがお店選び。

サムギョプサルのお店などは2人前からの注文が一般的なので、1人でお店に入れても2人前注文しなければならなかったりします。そんな時は1人でも食べやすい参鶏湯などのお店やデパ地下がオススメです。

韓国のデパ地下は日本のデパ地下同様にいろんなお店があり、1人でも入りやすいお店が多いです。

観光旅行の観光・アクティビティの費用の目安は?

観光・アクティビティ約5000円〜

ソウル観光の場合、ソウルNタワーや世界遺産の景福宮、徳寿宮、ソウル市内の観光地を巡ることができるソウルシティツアーバスなどなど沢山の観光スポットやアクティビティがあり、費用は1日約5,000円程度かかります。

1日で何箇所も観光スポットに行きたい場合はディスカバーソウルパスがオススメ!

1枚のパスでなんと65か所も無料になるので、数千円以上お得に韓国旅行を楽しむことができます。

韓国旅行のおみやげ代の目安は?

おみやげ代約5,000円〜

韓国旅行のおみやげ代は5人分購入すると、キムチや韓国海苔などで約5,000円ほどかかります。

仁川空港の免税店で定番のおみやげキムチ100g×5つの小分けパックで約1,500円、韓国海苔が約1,500円。そのほか、観光地で気に入ったお土産や韓国で人気の美容コスメ等のお土産を買う方が多いです。

韓国旅行の海外旅行保険の目安は?

韓国旅行保険約1,000円〜

韓国旅行の海外旅行保険は1日約1,000円程度かかります。

韓国旅行中に何が起こるかわかりません。交通事故に巻き込まれたり、急な病気で倒れたりなど、もしものことが起きた場合に備えて必ず保険に入りましょう。

クレジットカード付帯の保険も新型コロナウイルスが補償対象の場合もあるので、お持ちのクレジットカードの保険も確認しておくと良いです。

韓国旅行のPCR検査費用は?

韓国のPCR検査費用約6500円〜

ワクチンの接種証明書がなく新型コロナウイルス陰性証明書が必要な方は、日本に帰国前の72時間以内にPCR検査を受けなければなりません。

韓国の病院や検査機関でのPCR検査は唾液検査はなく、鼻咽頭検査が一般的です。費用は約6,500円程度から受けることができる検査機関があったり、仁川国際空港でもPCR検査を受けることが可能です。

また日本に入国する72時間以内でしたら、旅行前に日本で受けたPCR検査の結果も有効な陰性証明書として利用可能です。

時期でも違う?韓国旅行に安く行ける時期

韓国旅行は時期によっても費用が変わります。

韓国と日本の祝祭日や長期連休の時期は航空券やホテルの料金が値上がりします。

そのため年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みやシルバーウィークを避けた日が韓国旅行に比較的安く行けます。

そして週末よりも平日の方が航空券やホテルが安いため、韓国旅行に安く行ける時期は韓国と日本の祝祭日や長期連休以外の平日に韓国旅行に行くことです。

韓国旅行にかかる費用のまとめ

今回は韓国旅行にかかる費用について詳しく紹介しました。

韓国旅行に行けるようになってから韓国の物価が上がりしているため、昔と比べると航空券やホテル、交通費も高くはなってます。

でも、韓国旅行の観光地巡りがお得になるディスカバーソウルパスや仁川国際空港からソウル駅までの移動が早くてお得になるA’REX直通列車の往復券、スマホでインターネットが使えるWi-FiSIMカードeSIMなどはKlook(クルック)で安くお得に購入することで韓国旅行のかかる費用を抑えることも可能です。

ぜひ今回紹介した韓国旅行の費用を参考にして韓国旅行を楽しんできてください。

韓国旅行を超お得に満喫する方法を5つ(まとめのまとめ)

ツアーを予約する

ツアーを予約すると、宿泊施設や交通機関、観光地の入場料がセットになってお得な料金で利用できます。また、ツアーの中には、現地での食事やショッピングに使える割引クーポンがついているものもあります。

オフシーズンに旅行する

韓国は夏季や年末年始などの繁忙期には料金が高くなります。オフシーズンに旅行すると、宿泊費や交通費が安くなるのでお得に旅行を楽しめます。

食事を地元の飲食店で楽しむ

観光地の周辺にあるレストランは、観光客向けに値段が高くなっている場合があります。地元の飲食店で食事を楽しむと、地元の人たちが食べる料理を安く味わえます。

無料で楽しめる観光スポットを訪れる

韓国には、無料で楽しめる観光スポットがたくさんあります。例えば、南山公園や韓国戦争記念館などがあります。これらのスポットを訪れると、お金をかけずに韓国の文化や歴史を学ぶことができます。

韓国の通信会社のSIMカードを利用する

韓国の通信会社のSIMカードを利用すると、海外ローミングに比べて格安でインターネットを利用することができます。また、ホテルやカフェなどのWi-Fiを利用することもできますが、セキュリティ上のリスクがあるため、注意が必要です。

日程が決まったらすぐにチェック!
お得な旅行を予約出来るサイト

目次に戻る

トクセン比較サイト