コテージ・ロッジ・コンドミニアム特集

コテージ・ロッジ・コンドミニアム特集

このサイトでは、最近注目されているコテージ・ロッジ・コンドミニアムといった一棟貸切型宿泊施設の楽しみ方や注意点をご紹介いたします。

日程が決まったらすぐにチェック!
コテージ・ロッジ・コンドミニアムを予約出来るサイト

ここからは、コテージ・ロッジ・コンドミニアムの楽しみ方や注意点など具体的な方法をご紹介します。

日程が決まったらすぐにチェック!
コテージ・ロッジ・コンドミニアムを予約出来るサイト

コテージ・ロッジ・コンドミニアム等の一棟貸切型宿泊の落とし穴とは?

■1:宿泊人数と料金設定の落とし穴

「一棟貸切型は、人数が比較的自由というメリットがある反面、建物ごとに人数制限があるのが一般的。6人と10人では寝具の用意数も変わってくるので、最大・最小人数は事前に確認しておきましょう。

料金設定にも注意。例えば、10名用建物を予約した建物の最小料金が8名料金からしか設定が無い場合、当日、宿泊するのが6名になってしまったとすると、ひとり当たりが割高になってしまいます。宿泊人数が6~10名であれば、6名ならいくら、8名ならいくら、10名ならいくら、などと網羅する料金設定の施設を選ぶのをおすすめします」

■2:間取りの落とし穴

「社員旅行やちょっと距離感のある人との滞在では、寝室の数や扉が閉まるのか、仕切りだけなのか、なども事前に確認しておくと、快適に過ごせます。

ベッドなのか布団なのか、によっても滞在性は異なります。みんなで修学旅行みたいにざっくばらんにステイしたいときは、布団なら人数の割り振りもわりと自由。ベッドだと容易に動かすことはできませんので、寝室分けが必要になります」

■3:アクセス・周辺環境の落とし穴

「一棟貸切は、リゾート地が多く、車での移動が必須となることがほとんど。駐車場の有無や何台まで置けるか、事前確認も重要です。

また周辺環境も確認しておくといいですね。“ポツンと一軒屋”的な立地であれば、それほど周囲を気にせずに楽しめますが、一棟貸切とはいえ、すぐ近くに民家や別の建物がある場合は夜まで屋外での大騒ぎは禁止していることがほとんどです」

■4:楽しみ方の落とし穴

「ハメを外したくなるのはわかりますが、大騒ぎのパーティーはどの施設もご法度。また退室時は汚しっぱなし、やりっぱなしはNG。借りたときの形で返す、というのが基本です。マナーとルールを守った滞在者が増えることが、良質な施設を増やす原動力にもなります」

一棟貸切宿泊施設を存分に楽しむためのポイント

続いてICUネットの担当者に、一棟貸切宿泊施設を存分に楽しむためのポイントを教えていただきました。

■1:下調べを入念に!

「ホテルなどの管理下に置かれた施設とは異なり、自分たちのプロデュースでいかようにも旅を演出できます。その分、下調べを入念に」

■2:その土地を楽しむ

「リゾート地の森の中や温泉地などに多い一棟貸切型。都会とは異なる空気感や、鳥のさえずり、森の木々のさざめきなどもぜひ感じてください。自炊の食材を近くで購入するなら、地元の人との交流も楽しめるといいですね」

■3:普段できないことを楽しむ!

「大人数だからこそできることがあります。BBQ設備ではひとりではなかなかつくらないお料理にも挑戦できます。BBQだけでなく、バームクーヘンを焼いている人もいますし、屋外で本格流しそうめんをやっている人もいます。

普段家でつくり置きしているフルーツビネガーなど、自作の物を皆にふるまってみたり、自宅で育てている食物をBBQ食材にしてみたり、手づくりお菓子をデザートに持ち寄ってみたり。ひとりではできないことができる機会を楽しみましょう」

準備しておきたいグッズとは?

一棟貸切型の宿泊施設で自炊をする場合、このようなグッズを準備しておくとよいそうです。ICUネットの担当者のアドバイスをぜひ参考にしましょう!

■1:消耗品

「リゾート地の一棟貸し貸別荘などであれば、バーベキュー設備が整っていることが多いです。ただ、消耗品は用意されていないことがほとんど。ラップなどは屋外に食材を持ち出し、しばらく放置時間があるときなどには虫などをブロックするのにあると便利です。

ペーパータオルや紙皿・紙コップなどの使い捨て容器も。通常の食器は用意されていることがほとんどですが、使用後に洗ったりするのがちょっと面倒な場合もあります。使い捨て容器なら洗う時間を短縮できます。

紙皿ではせっかくのBBQもちょっと味気ないな、という場合は、大皿だけお気に入りのものを持ち込んだりするのもいいですね」

■2:食材・調味料

「食材も用意が必要です。調味料も衛生面から、用意していない施設がほとんど。時間がないときは現地近くのスーパーなどで調達することになりますが、小さいサイズはなかなか置いてなく、到底使い切れず、無駄になります。コンビニに売っている小さいサイズを事前に入手しておくのがおすすめです」

■3:クーラーボックス

「冷蔵庫がたいてい完備されているのが一棟貸切型の便利なところではありますが、BBQスペースとリビングが離れている場合は、クーラーボックスなどもあると便利。建物に戻って冷蔵庫にわざわざ冷たいビールを取りに行くより、その場で冷たいビールをさっと取り出せます」

■4:こだわりの調理器具

「自炊用の設備は各宿で異なりますが、通常、家庭にある包丁・まな板・鍋・食器・カトラリーなどの調理器具はほとんど用意がされています。“知らないで全部持って行ったけど、全部あって無駄になった”、というお声もいただいていますので、気になるものは確認したほうがいいですね。BBQをするならダッチオーブンやこだわりのBBQセットなども持込可能な施設があります」

まとめ

一棟貸切型は、ホテルや旅館での滞在とも、キャンプとも違う、楽しみ方があるようです。ぜひアドバイスを参考に、秋冬に向けて、貴重な滞在を計画してみてはいかがでしょうか。

日程が決まったらすぐにチェック!
コテージ・ロッジ・コンドミニアムを予約出来るサイト

目次に戻る

トクセン比較サイト