失敗しないアミノ酸シャンプー選び-【シャンプー】

失敗しないアミノ酸シャンプー選び

「アミノ酸シャンプーという名前をよく聞くけど、どの商品が一番自分に合うの?」
「アミノ酸シャンプーを使うメリットは?」
この様な疑問をお持ちの方へ、失敗しないシャンプー選びを徹底サポート!当ページ厳選4本のアミノ酸シャンプーを紹介します。

本サイトのリンクには、商品プロモーションが含まれる場合があります。

アミノ酸シャンプー比較表

失敗しないアミノ酸シャンプーの選び方(4つのポイント)

「アミノ酸シャンプーは種類がたくさんありすぎて結局どれが一番自分に良いのか分からない」
「アミノ酸シャンプーの見分け方がよく分からない」

ここからは、そういった疑問を解決するために「あなたに合った失敗しないアミノ酸シャンプーの選び方」を紹介。

1.アミノ酸系洗浄成分の配合量で選ぶ

失敗しないアミノ酸シャンプー選び1つ目はアミノ酸系洗浄成分の配合量で選ぶことです。

なぜなら、しっかりとアミノ酸系の洗浄成分が配合されていない商品もあるからです。

実はアミノ酸シャンプーという物に明確な定義がなく、アミノ酸系洗浄成分の配合量が極端に少ない商品も存在してます。

頭皮への刺激が少ない、優秀なアミノ酸シャンプーを選ぶなら、シャンプーボトル裏面の成分表を確認して、アミノ酸系の洗浄成分がしっかり配合されてるかを確かめましょう。

豆知識:アミノ酸シャンプーを見分ける方法

優良なアミノ酸シャンプーの見分け方は簡単。その方法は以下の通りです。

アミノ酸シャンプーの見分け方

  • 商品の裏面にある成分表記の左上から2〜5番目に、アミノ酸系成分があれば、アミノ酸シャンプーと見分けられます。

シャンプーボトルの裏には、成分が記載されていて基本的には、左上から順に配合量の多い成分名が書かれています。この表示を見ながら、次のようなアミノ酸系洗浄成分の名前を探しましょう!

アミノ酸系洗浄成分の代表例

  • ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸k、ココイルグルタミン酸TEA
  • ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンTEA
  • ココアンホプロピオン酸Na

アミノ酸シャンプーを選びで失敗したくない方は、是非この情報を参考に商品をご確認ください。

2.その他に配合された洗浄成分で選ぶ

失敗しないアミノ酸シャンプーを選ぶ2つ目のポイントはその他に配合された洗浄成分で選ぶことです。

なぜなら、アミノ酸系の洗浄成分が入っていても、その他に配合された洗浄成分で得られる効果が変わってしまうからです。

洗浄成分には、主に下記の3種類があります。

3種類の洗浄成分とは?

  1. アミノ酸系
    低刺激で安全性が高く、髪のタンパク質を守りながら洗浄できる
    代表的な成分:ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa
  2. 石けん系
    刺激は中程度で、洗浄力が高い
    代表的な成分:カリ石けん素地、ステアリン酸K
  3. 高級アルコール系
    刺激が強く、洗浄力が高い
    代表的な成分:ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na

この中でも、高級アルコール系の洗浄成分が配合されていたら注意が必要です。

刺激が強く、洗浄力が高いので頭皮のうるおいが失われる可能性があります。

頭皮を優しく洗うためにも、その他に配合されている洗浄成分にも注目しましょう。

3.髪の状態に合わせてシリコン・ノンシリコンを選択

失敗しないアミノ酸シャンプーを選ぶ3つ目は髪の状態に合わせてシリコン・ノンシリコンを選ぶことです。

これは髪の状態によってシリコンが必要かどうかが違うからです。

あなたの髪がどちらに当てはまるのか、こちらの表で確認しておきましょう!

おすすめの人当ページ紹介シャンプーで該当する商品
シリコン配合・髪のダメージが重い人
・乾燥で髪がパサついている人
・ラサーナ
ノンシリコン・髪が細い猫っ毛の人
・髪にボリュームを出したい人
・かゆみ、フケなど頭皮トラブルを抱えている人
・haru kurokamiスカルプ
・Lustique(ラスティーク)
・ビオルチア

自分にあったタイプのシャンプーを使って、より効果的にヘアケアをしましょう!

4.髪の悩みにあった成分配合で選ぶ

あなたにあったアミノ酸シャンプーを選ぶ4つ目のポイントは「髪の悩みにあった成分配合で選ぶこと」です。

なぜなら、悩みに合った成分が配合されていることで、髪や頭皮の悩みを解消できる可能性が高くなるからです。

髪や頭皮の悩みがある人は、自分の悩みにあった成分を確認して、シャンプー選びに役立てましょう!

髪・頭皮の悩みと効果的な成分の例

  • 枝毛・切れ毛・猫っ毛
    悩みに合う成分:髪のダメージを補修してツヤを出す補修成分
    例:加水分解ケラチン、パンテノール、ヘマチンなど
  • 頭皮のカサつき、髪のパサつき
    悩みに合う成分:髪や頭皮を保湿して乾燥を防ぐ保湿成分
    例:アルギニン、キュウリ果実エキス、ヒアルロン酸Naなど
  • 頭皮のかゆみ・湿疹
    悩みに合う成分:頭皮のかゆみを防ぐ抗炎症成分
    例:アルニカ花エキス、カミツレ花エキス、グリチルリチン酸2Kなど
  • 頭皮の臭い・加齢臭
    悩みに合う成分:頭皮のニオイの原因菌を防ぐ消臭・抗菌成分
    例:カキタンニン、チャ葉エキス、ドクダミエキスなど
  • 育毛・アンチエイジング
    悩みに合う成分:頭皮の老化を防ぐ抗酸化成分
    例:アスタキサンチン、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキスなど

悩みにあった成分配合のアミノ酸シャンプーを使って、キレイで健康的な髪を手に入れましょう!

まとめ:失敗しないアミノ酸シャンプー選びで美しい髪に

ここまで失敗しないアミノ酸シャンプーの選び方、4つのポイントを紹介しました。

選び方のポイントはまとめると以下の通りです。

  • アミノ酸系洗浄成分の配合量で選ぶ
  • その他に配合された洗浄成分で選ぶ
  • 髪の状態に合わせてシリコン・ノンシリコンを選ぶ
  • 髪の悩み・理想の仕上がりにあった成分配合で選ぶ

以上のポイントを踏まえて失敗しないアミノ酸シャンプー選びをして、あなたの髪の悩みを解決しましょう。

目次に戻る

トクセン比較サイト