※マクドナルドのメニューとカロリーを低いメニューを選ぶコツ

マクドナルドのメニューとカロリーを低いメニューを選ぶコツ

ハンバーガーショップの代表格「マクドナルド」のメニューに注目して、定番メニューのカロリーを一覧でご紹介します。その中でも、カロリーの低いメニューを選ぶコツも解説いたしますので、ぜひ最後までお読みください。

※本サイトのリンクには、商品プロモーションが含まれる場合があります。

マクドナルドの代表的なメニューのカロリーについて

マクドナルドのメニューは、ハンバーガー、サイドメニュー、ドリンク、デザートなど、さまざまな種類があります。

ハンバーガーは、ビッグマックやマクドナルドチキンマックナゲットなど、定番のメニューから、テリヤキマックやチーズバーガーなど、地域限定のメニューまで、幅広く取り揃えています。

サイドメニューは、ポテトやフライドオニオン、サラダなど、定番のメニューから、マックフライポテト マックフライ フォー ミーやマックフライポテト マックフライ フォー ミーなど、ヘルシーなメニューまで、さまざまな種類があります。

ドリンクは、コーラやオレンジジュース、コーヒーなど、定番のメニューから、マックフロートやマックフロートなど、甘いメニューまで、さまざまな種類があります。

デザートは、マフィンやマックフルーリー、アイスクリームなど、定番のメニューから、マックフルーリー チョコレート クッキー クラッシュやマックフルーリー チョコレート クッキー クラッシュなど、甘いメニューまで、さまざまな種類があります。

また、マクドナルドでは、甘味料やソースを追加することで、カロリーを増やすことができます。

以下に、マクドナルドのメニューの一部と、そのカロリー数をご紹介します。

メニューカロリー
ビッグマック526
マクドナルドチキンマックナゲット 10ピース340
テリヤキマック450
チーズバーガー314
ポテト350
フライドオニオン250
サラダ10
マックフライポテト マックフライ フォー ミー250
コーラ140
オレンジジュース110
コーヒー100
マフィン300
マックフルーリー500
アイスクリーム250
  • 朝食メニューは、昼食や夕食のメニューよりもカロリーが低い傾向があります。
  • サラダやヨーグルトなどのサイドメニューは、ポテトやフライドオニオンなどのサイドメニューよりもカロリーが低い傾向があります。
  • 水や無糖の紅茶やコーヒーなどの飲み物は、コーラやオレンジジュースなどの飲み物よりもカロリーが低い傾向があります。

具体的には、以下のメニューがおすすめです。

  • 朝食メニュー:エッグマフィン(314kcal)、ベーコンエッグマフィン(299kcal)
  • サイドメニュー:サラダ(10kcal)、ヨーグルト(55kcal)
  • 飲み物:水、無糖の紅茶、コーヒー

また、甘味料やソースを追加せずに注文することで、カロリーを抑えることができます。

ぜひ、これらのコツを参考に、マクドナルドでカロリーの低いメニューを選んでみてください。

トクセン比較サイト