東京都心で船で通勤2023年10月25日から「舟旅通勤」開始

東京都心で船で通勤2023年10月25日から「舟旅通勤」開始

本サイトのリンクには、商品プロモーションが含まれる場合があります。

東京都心で船で通勤2023年10月25日から

東京都は新しい通勤のスタイルとして、船を利用する「舟旅通勤」を2023年10月25日から開始。
日本橋 ~ 豊洲間で、通勤のための船の運航を始めるとの事。

祝・祭日を除く毎週火・水・木曜日の夕方から夜にかけて運航予定。チケットはWEB予約を優先して、先着順で販売。

運賃は大人1人500で自転車持ち込みが200円追加で可能。

都は、身近な観光を交通手段として定着させ、水辺のにぎわいを創り出したい考え。

帰宅時間に合わせての夕方に運航という事もあり、夕暮れ時ということも相まって、景色は抜群。

 オフィス街の日本橋と高層マンションが並ぶ豊洲を20分で結びます。船内には広く使えるシートが設けられ、予約制のため、混雑する心配なし。

 また、今後はWi-Fiも使えるようになる予定だそうです。

利用者の声は・・・
 
30代女性:「素晴らしいと思います。満員電車が苦手なので。いやだなと思うことが多々あるので」

40代男性:「おそらく、乗らないと思います。金額高い。バスなら200円くらいなので」

来年の春には、晴海と日の出をつなぐ別のルートも開通予定だといいます。

「船は混雑や渋滞を回避して移動できるだけでなく、景色や風を楽しみながらゆったりと快適に移動できる。ぜひ移動の選択肢の一つとして、多くの方々に利用していただきたい」
※東京都都市基盤部 岡本健一課長 談

トクセン比較サイト