ビジネスホテルを連泊した場合の料金相場ウィークリーマンションとの比較トータルの宿泊料を安くする方法

ビジネスホテルに連泊した場合の料金相場
ウィークリーマンションとの比較
トータルの宿泊料を安くする方法

ビジネスホテルはその特性上、旅行で利用する様なリゾートホテルよりも安く宿泊することができます。お仕事での出張で数日間滞在する場合や最近、働き方の多様化で増えてきたワーケーションでの利用等、とても便利です。

このサイトでは、ビジネスホテルで連泊する場合の料金相場や安く宿泊する方法について詳しく解説します。また、ウィークリーマンションとの比較やそれらを利用する際の注意点も細かく紹介していきます。ビジネスホテルでの連泊を検討している方や、なるべくコスパが良く連泊したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

check!

今すぐに、コスパ抜群で安いビジネスホテルの連泊を予約したいという方、下記の「マンスリーホテル」というサイトがオススメ!
こちらのサイトは長期滞在向けのホテル予約に特化していて、通常の予約よりなんと平均20%以上の割引が適用されます。

\楽天ポイントが宿泊料金の4%貯まる!/
↓マンスリーホテル予約サイト↓

ここからは、ビジネスホテルを連泊した場合の料金相場、ウィークリーマンションとの比較、トータルの宿泊料を安くする方法についてご説明いたします。

1.ビジネスホテルで連泊する場合の料金相場は?

以下は、ビジネスホテルで利用する場合の料金相場を表にまとめたものです。

主要都市名料金の相場(1泊2日の場合)
東京7,000~12,000円
大阪7,000~10,000円
名古屋5,000~9,000円
福岡3,000~7,000円

次に、ウィークリーマンションに1週間泊まると費用はどのくらいなのかを、東京・大阪・名古屋・福岡の主要都市に絞り、平均価格の表を作成しました。

主要都市名料金の相場(1週間の場合)
東京40,000~60,000円
大阪40,000~60,000円
名古屋30,000~50,000円
福岡20,000~40,000円
※上記価格は、初期費用等々トータルの金額で算出しています。

東京や大阪といった大都市圏は、家賃相場が高いという事もあり、ビジネスホテル・ウィークリーマンション共に料金相場が他の都市に比べて高いイメージです。

ホテルの立地や利便性などによって利用料金は異なります。しっかりと事前調査をしたうえで、予算に合ったホテルを選ぶことが重要です。

予算に合ったコスパの良いビジネスホテルを連泊で予約するならマンスリーホテル予約サイトで比較するのがお勧めです。

\楽天ポイントが宿泊料金の4%貯まる!/

また、1泊2日の場合と、連泊する場合でも、ビジネスホテルの利用料金は大きく異なります。ホテルによっては、金額が大幅に上がることも珍しくないため、一週間以上滞在する場合は、お得に利用できるウィークリーマンションを視野に入れることもおすすめです。

目次に戻る

2.連泊する場合の宿泊料を安くするには?(2パターン)

ビジネスホテルに連泊する場合の宿泊料を抑えるためには、いくつかの方法があります。では、具体的にどのような方法をとれば宿泊料を安くすることができるのでしょうか。

ここでは、ビジネスホテルの宿泊料を安くする方法を2つ紹介します。予算に余裕を持たせるためにもぜひ当項目を活用してください。

目次に戻る

2-1.連泊プランを利用する

ビジネスホテルの宿泊料を安くする1つ目の方法は、ホテルの連泊プランを利用することです。

連泊プランは、宿泊料が安くなる他、ホテルによってはシャツのクリーニングサービスを無料で利用できるなど、さまざまな割引サービスを受けることができます。そのため、連泊プランを利用する場合は、自分の宿泊方法に合ったサービスがあるホテルに宿泊することがおすすめです。

ビジネスホテルの連泊プランは、出張者の少ない週末などに設定されていることがほとんどです。そのため、旅行などでビジネスホテルを利用する場合は、連泊プランを利用してホテルに宿泊すると良いでしょう。

コスパの高いビジネスホテルを連泊で予約するなら、長期滞在向けのホテル予約に特化したサイトマンスリーホテルがお勧めです。詳しくは下記↓から。

\楽天ポイントが宿泊料金の4%貯まる!/

目次に戻る

2-2.ウィークリーマンションを利用する

ホテルの宿泊料を安くする2つ目の方法は、ウィークリーマンションを利用することです。

もしあなたが、一週間以上の長期滞在がご予定の場合、ビジネスホテルよりウィークリーマンションを利用する方が料金が安くあがります。ビジネスホテルは、ウィークリーマンションに比べると1日あたりの宿泊料が比較的割高となっていることが多いためです。

また、ビジネスホテルの場合、部屋に台所が付いていないため、外食が多くなります。一方で、ウィークリーマンションの部屋には台所が付いているため、外食費を抑えることが可能です。そのため、一週間以上滞在するのであれば、ビジネスホテルや連泊プランよりも、ウィークリーマンションのほうがお得に宿泊することが可能です。

目次に戻る

3.コストを抑える事が可能なウィークリーマンション。でも、意外な落とし穴が・・・

ウィークリーマンションは、ビジネスホテルよりも安く利用できるというメリットがありますが、

ここからは、ウィークリーマンションの利用を検討している方向けに利用の際の注意点をご説明していきたいと思います。

目次に戻る

3-1.ワンルームの間取りを選んだとしても広いスペースが故の弊害が・・・

ウィークリーマンションは、自分で好みの間取りを選ぶことが可能です。また、長期滞在を想定した構造となっているため、余裕のある空間で快適に過ごすことができることができます。
しかしその分、ビジネスホテルの室内より面積が広いために掃除等の管理が負担になる傾向にあります。

ビジネスホテルなら、どの部屋もウィークリーマンションよりコンパクトで更に、ホテルのスタッフの方が日々部屋を掃除等メンテナンスしてくれるのであなたの負担はほぼないといって良いでしょう。

目次に戻る

3-2.日中留守になる際のお部屋のセキュリティー面

ビジネスホテルには、出発時間や帰宅時間があります。そのため、時間を気にして行動しなくてはなりません。

一方で、ウィークリーマンションには門限時間がないため、いつでも好きなときに外出・帰宅することが可能です。

しかし、このことは逆に管理する人が不在であるという事であり、セキュリティー面で難があるという事が言えます。

目次に戻る

3-3.ウィークリーマンションを利用する際の注意点

前項では、ウィークリーマンションの意外な落とし穴があることを説明しました。施設を利用するためには、以下の点に注意する必要があります。

・賃料が前払いとなっていることが多い

・契約途中で退去した場合、残りの期間分の料金が戻ってこないことがある

・バスセットは自分で購入する必要がある

・運営会社の中には来客不可としているところもある

ウィークリーマンションは、賃料が前払いとなっていることが多いため、あらかじめお金を用意しておく必要があります。また、契約期間の途中で退去した場合、残りの期間分の料金が戻ってこないことも少なくありません。そのため、料金形態については、事前にしっかりと運営会社に確認することが大切です。

他にも、ビジネスホテルとは異なり、バスセットなどのアメニティグッズは用意されていないことがほとんどです。ウィークリーマンションを利用する際は、運営会社には部屋の設備についても詳しく確認し、自分で用意できるものはあらかじめ用意しておきましょう。

ウィークリーマンションを運営している会社の中には、「家族などの親族であれば宿泊可」としており、友人の宿泊を不可としているところもあります。無断で友人を泊めた場合、運営会社とのトラブルに発展する可能性もあるため、宿泊先に人を泊めたい場合は、必ず運営会社に連絡を取ることが重要です。

目次に戻る

まとめ

ビジネスホテルの連泊料金は、滞在期間によっては、利用料金が大幅に上がる可能性があるため、宿泊料を抑えたい場合は、連泊プランを利用すると良いでしょう。
コスト面だけを考えるともしあなたが一週間以上滞在する場合は、ビジネスホテルの連泊プランよりウィークリーマンションの利用がおすすめです。ウィークリーマンションであれば、連泊の予約を取る必要がないうえ、部屋に洗濯機や台所などの設備が整っているため、宿泊にかかる費用を抑えることができます。

ただし、ウィークリーマンションの運営会社によって設置されている家具・家電は異なります。そのため、ウィークリーマンションを利用する際は、事前確認が重要です。

様々な日々の手間を抑えつつコストも抑えたいという方には、断然ビジネスホテルの連泊プランがお勧めです。

\楽天ポイントが宿泊料金の4%貯まる!/
↓マンスリーホテル予約サイト↓

目次に戻る

トクセン比較サイト