※ふるさと納税で旅行に行ける仕組みとその利用法をご紹介

ふるさと納税で旅行に行ける仕組みとその利用法をご紹介

TVやネットで話題のふるさと納税。自分が応援したい自治体に寄付をすることで返礼品が貰えて、税金が控除されるお得な制度。その返礼品には旅行券や宿泊券など旅行好きにはうれしいしいものもたくさん。このページでは、ふるさと納税でお得な旅行を楽しむ方法をご紹介します。
※旅行以外のふるさと納税の返礼品についてやふるさと納税全般について知りたい方は→コチラ【2023年版あなたが得する失敗しないふるさと納税ポータルサイト選び】をご覧ください。

本サイトのリンクには、商品プロモーションが含まれる場合があります。

旅行の取り扱いがあるお勧めふるさと納税ポータルサイト一覧

 
サイト名 JTB 楽天トラベル
×
楽天ふるさと納税
ふるなび
(旅行特集)
ふるなびトラベル
さとふる マイナビふるさと納税 au PAY ふるさと納税 ふるさとパレット
評価
掲載自治体数
※1
1,700以上 1,500以上 1,100以上 1,100以上 1,200以上 100以上 1,500以上 130以上

返礼品数
※1

93,000以上 480,000以上 450,000以上 450,000以上 680,000以上 69,000以上 520,000以上 57,000以上

還元ポイント
※1

最大30% 最大30% 最大20% 最大30% 最大20% 最大10% 最大3% 最大4%
貯まるポイント JTBトラベルクーポン 楽天ポイント ふるなびコイン
(Amazonギフト券、PayPay、dポイント、楽天ポイントに交換可)
ふるなびトラベルポイント さとふるマイポイント
(PayPayポイントに交換可)
Amazonギフト券 Pontaポイント 東急ポイント
特徴 旅行系の返礼品が充実。寄附した自治体に旅ができる旅行クーポンや、その土地でしか体験できないようなご当地イベント、家族みんなで楽しむ観光や体験・アクティビティが特徴。 サイトの使いやすさ・掲載数・ポイント還元率と全てにおいて最高クラス
楽天カードユーザーは3%~30%ポイント還元
楽天会員は新規登録不要
最大20%相当のふるなびコイン還元
家電の返礼品が充実
ポイント制ふるさと納税が可能で使い勝手が良い
ふるさと納税サイト「ふるなび」の旅行に特化したサイト。寄附金額の30%分が、トラベルポイントとして即時発行。しかも、ポイントの有効期限が無いのが特徴 返礼品を探しやすく種類も豊富な人気のふるさと納税サイト
オリジナルの大容量返礼品
返礼品が届くまでの期間が他サイトよりも短い自治体も
なんと言っても特徴はエントリー不要、寄付額上限なし、全返礼品対象のAmazonギフトカードプレゼントのキャンペーンの内容とお得さです。
10%分相当のAmazonギフト券還元
KDDIが運営キャリア決済やポイント決済も可能なふるさと納税サイトPontaポイントがたまる。 体験系の返礼品の種類が多いのが魅力のふるさと納税サイト、宿泊券や体験券等の
オリジナル返礼品を用意
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※1.調査時点での情報となりますので必ず公式サイトをご確認ください。

ここからは、『ふるさと納税を使ってお得に旅をしたい人』や『ふるさと納税について知りたい人』におすすめの情報について、様々な旅行会社などで提供している、ふるさと納税でおすすめの旅行券を紹介いたします。

また、旅行券によって有効期限や使い方などの仕組みが違うので、使い方も詳しく解説!さらにおすすめの旅先も紹介いたしますので、これを見ればどれが自分に合った旅行券なのかが分かるので、是非参考にしてみてください。

比較!ふるさと納税でもらえる旅行券の種類と仕組み、有効期限

ふるさと納税でもらえる旅行券の種類と有効期限などをまとめました。その他の詳細については、こちらから各リンク先をご確認してください。※有効期限については調査時点での情報となりますので必ず公式サイトをご確認ください。

名称有効期限詳細
オススメ!
ふるなび
トラベルポイント
なし寄付金額に応じたポイントが発行され、その自治体の提携宿泊先でポイント利用し宿泊。
詳細ページ
オススメ!
ふるなびトラベル
トラベルポイント
なし寄付金額に応じたポイントが発行され、その自治体の提携宿泊先でポイント利用し宿泊。
詳細ページ
オススメ!
JTB
ふるぽWEB旅行
クーポン発行から2年間有効インターネット予約限定のクーポン。
詳細ページ
JTB
ふるさと旅行券(紙券)
クーポン発行から5年間有効紙の旅行券が自宅に届きます。
詳細ページ
JTB
ふるさと納税旅行クーポン
クーポン発行から2年間有効JTBのお店で使えるクーポンです。
詳細ページ
楽天トラベル
クーポン返礼品
予約対象期間は89日間、
宿泊可能期間は付与翌日から
180日以内のチェックアウト
寄付をすると楽天トラベルクーポンを付与。自治体の提携宿泊施設を予約する際に利用可能。
詳細ページ
さとふるクーポン発行から2年間有効返礼品が届くまでの期間が他サイトよりも短い自治体も。
詳細ページ
マイナビふるさと納税クーポン発行から1年間有効寄付額の10%相当のAmazonギフトカードが還元されます。
詳細ページ
au PAYふるさと納税クーポン発行から半年~1年間有効寄付額の3%相当のPontaポイントが還元されます。
詳細ページ
ふるさとパレットクーポン発行から1年間有効体験系の返礼品の種類が多く、宿泊券や体験券等についてオリジナル返礼品を用意。
詳細ページ

ふるさと納税でおすすめの旅行券はこれ!

ふるなび

当サイトがおすすめする旅行券は、ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」が提供している「ふるなびトラベルポイント」

その特徴は有効期限なし、即時ポイント化、寄付額の30%がそのまま旅行に使えるポイントにできるという点有効期限がないので、年末など返礼品選びに迷った際でも「ふるなびトラベルポイント」にするのもおすすめです。

なお、ふるなびにはふるなびサイト内の旅特集のページと旅関連の返礼品に特化したサイト「ふるなびトラベル」があります。ふるなびトラベルならたくさんの旅先からあなたにピッタリ旅行を選ぶことが可能です。

ふるさと納税ってなに?仕組みと利用方法について

ふるさと納税の仕組みと利用方法は以下のようになっています

  1. 寄付をしたい自治体を選ぶ
    返礼品の内容や地域への思い入れ、使い道などから自分が寄付したい自治体を決めます。
    各自治体のHPなどをチェックするのもいいですが、探すのがとても大変
    そこで便利なのが各自治体のふるさと納税がまとめて検索できるサイトです
  2. 寄付の使い道を決める
    ふるさと納税では、寄付金の使い道を寄付する人が決められます。
    伝統文化の保存や災害の復興支援など各自治体の選択肢から決めましょう。
  3. 自治体のHPまたはふるさと納税サイトから申し込む
    サイトごとに支払い方法を選べたり、ポイントが貯まったり、さまざまな特典があります!
    また、自治体のHPに直接申し込む場合は、自治体がふるさと納税サイトに支払う手数料が発生せず、寄付がすべて指定した使い道に使われるのがいいですね♪
  4. 返礼品を受け取る
    各自治体や返礼品ごとに指定された時期に返戻品が届きます♪
  5. 確定申告で控除を受ける
    寄付をすると返礼品のほかに、寄付金受領書が届くので、その受領書を使って確定申告で寄付金控除を申請します!
    ただし、一定の条件を満たす人はより簡単な“ワンストップ特例制度”(後述)の利用がおすすめ
  6. 所得税から還付
    寄付した金額から2000円を引いた金額が所得税から還付されます!
    また、翌年の住民税も減額(控除)されます♪

つ・ま・り…実質、2000円で返礼品がゲットできる!、それがふるさと納税なのです◎

ワンストップ特例制度とは…

寄付をする際に、寄付をする自治体に申請書を提出するとあなたが住んでいる自治体に直に連絡がいき、確定申告をしなくても同じ金額が住民税から控除されます!難しい手続きは一切ないので楽ちんです♪

ただし、5ヶ所以上に寄付する人、自営業や医療費控除を受けるなどもともと確定申告が必要な人、は利用できません

その他ふるさと納税についての詳細は下記をご確認ください。

ふるさと納税サイト比較ランキング

ふるさと納税についての詳細、ふるさと納税ポータルサイトの比較と特長をまとめました。→詳しくはコチラからご覧ください。【2023年版あなたが得する失敗しないふるさと納税ポータルサイト選び】

旅行券がふるさと納税で人気の理由

旅行券が人気の理由は、「還元率」が高く「換金率」も高い旅行券が多い事が人気の理由のひとつです。

転売はダメですが、金券ショップで換金した場合換金率の高い旅行券が多く大変お得です。最近では、ポイントに変えておいて旅行に行きたい時に旅行券に交換するというのが主流です。人気の旅行券はすぐなくなってしまうので、お得な旅行券を見つけた際は、すぐ申し込むのがお得にふるさと納税するコツ!

ふるさと納税でもらえる「旅行券」の使い方

ふるさと納税で旅行クーポンなどに寄付した後は、寄付者ご自身で旅行予約センターや宿泊施設に電話し、旅行をお申込みください。例えば、人気の「JTBふるさと納税旅行クーポン」に寄付した後は、JTB旅の予約センターまたは取扱店舗にご来店、または電話にてお申込みが必要です。

ふるさと納税利用の注意点

  1. 寄付金控除が受けられるのは所得税を納めている人
    つまり、一般的な学生さんのアルバイトなど非課税の範囲で働いている人は対象になりません
  2. 控除額には上限がある
    寄付金控除の金額には収入に応じて上限が決まっています。
    上限を超えてしまうと自己負担金が2000円以上になるので注意しましょう!自分の上限額がいくらかはシュミレーターを使って簡単に知ることができます♪
  3. お金が戻ってくるのではない
    “還付”という言葉が使われているので、税金が現金で戻ってくることをイメージするかもしれませんが、支払う税金が減額されることを指しています。

ふるさと納税控除上限額シミュレーション(ふるなび)

まとめ

旅行先として人気の北海道や沖縄はもちろん、全国各地様々な旅行がお得に楽しめそうな内容でした!!普段行けないようなホテルや旅館をみているとわくわくしますよね。

いざ旅行を終えるとなんだか出費がかさんでしまった・・・。ということも多々あります。ふるさと納税でもらえる旅行券やクーポンを利用して、浮いた分で旅行内容をさらに充実させるといったプランを組むのもいいですね!

ふるさと納税ポータルサイトは同じ自治体の同じ返礼品でもそれぞれ量や内容が違うことがあります。これはふるさと納税ポータルサイトへの掲載手数料に違いがあり、同じお礼の品でも地域に届く金額が異なるためです。当サイトを参考にぜひお得な返礼品を見つけてくださいね。

日程が決まったらすぐにチェック!
ふるさと納税で行くお得な旅行を予約出来るサイト
 
サイト名 JTB 楽天トラベル
×
楽天ふるさと納税
ふるなび
(旅行特集)
ふるなびトラベル
さとふる マイナビふるさと納税 au PAY ふるさと納税 ふるさとパレット
評価
掲載自治体数
※1
1,700以上 1,500以上 1,100以上 1,100以上 1,200以上 100以上 1,500以上 130以上

返礼品数
※1

93,000以上 480,000以上 450,000以上 450,000以上 680,000以上 69,000以上 520,000以上 57,000以上

還元ポイント
※1

最大30% 最大30% 最大20% 最大30% 最大20% 最大10% 最大3% 最大4%
貯まるポイント JTBトラベルクーポン 楽天ポイント ふるなびコイン
(Amazonギフト券、PayPay、dポイント、楽天ポイントに交換可)
ふるなびトラベルポイント さとふるマイポイント
(PayPayポイントに交換可)
Amazonギフト券 Pontaポイント 東急ポイント
特徴 旅行系の返礼品が充実。寄附した自治体に旅ができる旅行クーポンや、その土地でしか体験できないようなご当地イベント、家族みんなで楽しむ観光や体験・アクティビティが特徴。 サイトの使いやすさ・掲載数・ポイント還元率と全てにおいて最高クラス
楽天カードユーザーは3%~30%ポイント還元
楽天会員は新規登録不要
最大20%相当のふるなびコイン還元
家電の返礼品が充実
ポイント制ふるさと納税が可能で使い勝手が良い
ふるさと納税サイト「ふるなび」の旅行に特化したサイト。寄附金額の30%分が、トラベルポイントとして即時発行。しかも、ポイントの有効期限が無いのが特徴 返礼品を探しやすく種類も豊富な人気のふるさと納税サイト
オリジナルの大容量返礼品
返礼品が届くまでの期間が他サイトよりも短い自治体も
なんと言っても特徴はエントリー不要、寄付額上限なし、全返礼品対象のAmazonギフトカードプレゼントのキャンペーンの内容とお得さです。
10%分相当のAmazonギフト券還元
KDDIが運営キャリア決済やポイント決済も可能なふるさと納税サイトPontaポイントがたまる。 体験系の返礼品の種類が多いのが魅力のふるさと納税サイト、宿泊券や体験券等の
オリジナル返礼品を用意
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※1.調査時点での情報となりますので必ず公式サイトをご確認ください。

目次に戻る

トクセン比較サイト